顧問弁護士の主な仕事

先に触れたように会社から依頼を受けて企業法務に従事する顧問弁護士の仕事は数も多く、種類も多岐にわたっています。まずは日常的な業務としては企業内外に関連する法律相談を企業側から受けます。日常的に相談する事が将来起こるであろう重要なトラブルの回避に繋がります。

そしてもうひとつ基本的な部分として内容証明郵便や契約書など重要書類の作成および“確認”です。この“確認”は言うまでも無く誤字脱字に飽き足らず、法律的に対象の文書が適切な形式で作成されて成立しているかという形式的な部分と内容的に矛盾するなど不備がないかという実質的な部分で後々にトラブルに繋がらないか?などの“確認”です。さらに万一、会社が何かのトラブルを起こした、あるいはトラブルに巻き込まれた場合の各種調査はもちろん、さらに事態がもつれにもつれ裁判へと発展した場合の訴訟対応も重要な顧問弁護士の業務内容のひとつです。

つまり、顧問弁護士と契約する事で「弁護士」と日常的にコミュニケーションをとる事が可能になり、相談や助言、契約書などの書面作成や確認を通して自然とトラブルを回避し、望むと望まざるとは別としてトラブルに巻き込まれた際も最善の策を顧問弁護士は選択しうるという事です。